FC2ブログ

ネーム。

マンガを描く際の下書き、コマ割りやセリフ、キャラクターの
配置などを大まかに表したものを、『ネーム』と言います。

真剣に作品づくりを取り組むにつれ、このネーム作りでペン先が進まなくなることもあります。

そうなる理由は、コマ割りと、セリフ、キャラクターの配置。
同時に三つのことを考える必要があるからです。
私はペン先をスムーズに進める上で、
各々の作業に優先順位をつけることにより、
ペンが止まることを防いでいます。

結論から言いますと、
①セリフから考える。
②コマ割り。
③キャラクターの配置。

この手順を踏んでいくことでネームは大変、捗ります。
このネームを作る過程で、自身が楽しい。
面白い。と、心から感じているとき。
作品の質をより高めようとする、
前向きな動機が保たれます。 

セリフを先に作ることから分かりますように、
マンガは登場人物たちの会話から成り立っています。
メモした話の種やアイデアを豊富に持っていても、
この会話のやりとりなくしては、読み手の方の、
「種」に対する愛着心は生まれません。
トン話・ネーム①話の種 
上の画像のネームには一つ、二つ。話の種を仕込んでいます。

「瞑想」

「心は本来、○い。」

という、私の「これについて語りたいと心に想ったこと」を込めています。
こうしてできましたネームは次の絵コンテづくりを、
より簡単に、楽にしてくれます。

トン話・絵コンテ② 
トン話・絵コンテ③ 
トン話・絵コンテ① 

いかがでしょうか。出し惜しみすることなく、
私自身の握り拳をできるだけやさしく解きほぐしました。
拙いマンガではありますが、まだご覧いただいていない方には、
ぜひこちらのwebマンガ「トン。
を、見ていただきたく思います🙏

創作の要、『ラフ画』

マンガのチーム。  

 何事にも、ものごとには順序というものがあります。

マンガを描く際にも、もちろん、おなじことが言えます。


日常。ふと、マンガのアイデアを浮かべた時、

忘れないよう、紙やスマホにメモしています。

それらを活かすよりも前に、何をおいても踏み行うべきことは、

作品の要となる。


「キャラクター」と、

「ストーリー」作りです。


私のブログ、インテリアルームを初めて見る方々は、

サイタで載せています。スクールブログ。


面白いって何!?キャラクターの作り方・基本のキ


生きたストーリーは見て聞いて知ったものにこそ種がある。


この記事を先にお読みいただければ、より分かりやすく、

作品づくりのお役立ちになるのでは、と思います


その2点を踏まえた上で、作品の 『世界設定』を、

文字やラフ画で描き起こしていきます。


タマのラフ画。 


トンのラフ画。 


「たまゆら」世界設定。 


上のラフ画、3点は私のWebマンガ

たまゆら』、 『トン。』の、

原型となったものです。


これらのキャラクターを創る上で、少しずつ、

紙に描き起こしていくという作業が、キャラクターの成長と、

私自身の自信につながる大事なプロセスとなってくれました。


作品の面白い、面白くないは、言葉や絵など、見える形にした時。

すでに自身の中で分かるように思います。


今、構想中のマンガは前回よりも一つ上のものを創ります。

お楽しみに(^^ゞ


本心

明けましておめでとうございます🙇‍♂️🌅🎍
 新春から、tamayuraproの本心を込めたブロマガをつくりました。
購読者さまの元気づけ、安らぎのひとときのお役立ちになりますよう
お祈りします。 本年もよろしくお願いします。
※ 現在このマガブロコンテンツの販売は停止されております。
他の販売設定されているコンテンツはお楽しみいただけます。
マガブロ一覧はこちら
マガブロって何?

プロフィール

玉ゆらプロ

Author:玉ゆらプロ
インテリアルームへようこそ!
今日もハッピー!ラッキー!
ゲンキッキー!なマンガ家。
玉ゆらプロです。
楽しく!面白く!
マンガをアップしていきます(^ ^)

tamayuraproの本心

紹介文:内々の所感をマガブロに込めました。よろしければ、ご購入くださいませ。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR