FC2ブログ

創作の要、『ラフ画』

マンガのチーム。  

 何事にも、ものごとには順序というものがあります。

マンガを描く際にも、もちろん、おなじことが言えます。


日常。ふと、マンガのアイデアを浮かべた時、

忘れないよう、紙やスマホにメモしています。

それらを活かすよりも前に、何をおいても踏み行うべきことは、

作品の要となる。


「キャラクター」と、

「ストーリー」作りです。


私のブログ、インテリアルームを初めて見る方々は、

サイタで載せています。スクールブログ。


面白いって何!?キャラクターの作り方・基本のキ


生きたストーリーは見て聞いて知ったものにこそ種がある。


この記事を先にお読みいただければ、より分かりやすく、

作品づくりのお役立ちになるのでは、と思います


その2点を踏まえた上で、作品の 『世界設定』を、

文字やラフ画で描き起こしていきます。


タマのラフ画。 


トンのラフ画。 


「たまゆら」世界設定。 


上のラフ画、3点は私のWebマンガ

たまゆら』、 『トン。』の、

原型となったものです。


これらのキャラクターを創る上で、少しずつ、

紙に描き起こしていくという作業が、キャラクターの成長と、

私自身の自信につながる大事なプロセスとなってくれました。


作品の面白い、面白くないは、言葉や絵など、見える形にした時。

すでに自身の中で分かるように思います。


今、構想中のマンガは前回よりも一つ上のものを創ります。

お楽しみに(^^ゞ


コメント

非公開コメント

プロフィール

玉ゆらプロ

Author:玉ゆらプロ
インテリアルームへようこそ!
今日もハッピー!ラッキー!
ゲンキッキー!なマンガ家。
玉ゆらプロです。
楽しく!面白く!
マンガをアップしていきます(^ ^)

tamayuraproの本心

紹介文:内々の所感をマガブロに込めました。よろしければ、ご購入くださいませ。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR